ガルーシャ(エイ革・スティングレイ)に愛が止まらない|財布・バッグ・アクセサリーとして時代を超えて愛される理由。

大自然の賜物 ガルーシャ専門ブランド ‐ バハリ ‐
ホーム
0
商品カテゴリー
加工別検索
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
商品カテゴリー
加工別検索
コンテンツ
  • ホーム
  • レア度 ★★★五つ牙、七つ牙

レア度 ★★★五つ牙、七つ牙

 
       

中心の第一粒(親粒)と第二粒の間にある粒が、綺麗に5つ、もしくは7つ出ているモノ。江戸時代中期の刀剣装飾研究家、稲葉通竜氏の書、「鮫皮精義」によると、これを「牙」と表現しておりました。
大粒だけでなく、ここの粒にも名を付けるとは、さすが日本人としか思えない「美」の発想。綺麗に出ているモノはなかなか無いですが、左下の写真のような揃い方もあります。稲葉通竜氏が名付けたのでそのまま引用させて頂きました。この発想にあっぱれで、★3つ。

元の表に戻る