大自然の賜物 ガルーシャ専門ブランド ‐ バハリ ‐
ホーム
カート
ユーザー
絞り込む
商品カテゴリー
加工別検索
コンテンツ
  • ホーム
  • エキゾチックレザー買い付け紀行 -珍しい革、珍しい財布を求めて-

エキゾチックレザー買い付け紀行 - 珍しい革、珍しい財布を求めて -

     

『買い付け紀行』 - 素材の感動を伝えたい

BAHARIブランドを立ち上げた(有)スタイルコム代表の谷本氏は、20代の頃から珍しい革や工場を求めて海外進出しておりました。
日本でも革の販売業者は多数ありますが、エキゾチック系と呼ばれる爬虫類系の革など、珍しい革になると、数量や色(例えばクロコダイル革のピンク等)が無いのが現状です。
その理由は簡単で、日本の産業の空洞化によりメーカーや製造業者が中国にシフトし日本国内の製造業者が著しく減ったこと、また、製品の1アイテムあたりのロット数も少なくなったことで、革業者もリスクを背負って珍しい革を仕入れなくなったという現状がありました。
海外から面白い革を仕入れても、『買う人、作る人がいない』状況だったのです。

谷本氏は自ら世界各国を飛び回り、面白い革、珍しい革を求め、何度も旅に出ました。
そこには、カラーバリエーション豊富は革、そんなモノまで付いているのか!という革、そして、日本の革業者も知らないほどの珍しい革まで、様々な革と出会ってしまったのです。
特に、日本の重要文化財となっている刀の鞘にも使われている超希少な革に出会った時は、身震いが止まりませんでした。その時の興奮と感動は、今でも忘れません。

『新しい発見や喜びをお客様に伝えたい!』

これが理念となっていました。
『海』好きということもありますが、革の奥深さ、歴史の深さを身をもって体験し、それを形にしたのが 『BAHARI』です。
本物の革の素晴らしさを皆様に伝えたいと思っております。
わずかながらですが、海外での買い付けの際のお写真を紹介させて頂きます。



     

『買い付け紀行』 - 珍しい革を求めて

タイの工場にて。

まずは、革の定番といえば『牛革』です。
大手スポーツメーカーの靴の革や、高級ブランドバッグの革を製造している工場です。
この場所は、東京ドーム数十個分の敷地内に多くのなめし工場があり、その規模は圧巻。
品質も良く、東南アジアでは最先端のなめし工場が密集しております。

次に日本ではなかなか見られないカラーバリエーション豊富なクロコダイルの革です。
パープル、ブルー、イエロー、グラデーションカラーなどもあり本当に綺麗です。こんなカラーで財布、バッグ等を作りたいですね。
東南アジアでは鞣し技術も向上し、しっとりとした質感で品質も大変良いです。BAHARIでは裏メニューとして時々クロコダイルやパイソン製品も製作しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

これはインドネシアの奥地にて。

人間の体よりも大きいクロコダイルの革です。滅多に見られない逸品。大きすぎてビックリしますね。
いったいどのくらいのエサを食べてきたのかと考えると、高額な革でも安いと感じます。
この革はシンガポールに行って業者間で取引されるようです。
次はこちら。

これはオーストリッチ(ダチョウ)の足の革です。オーストレッグと言います。珍しいのは『爪』が付いているところです。爪付は日本ではあまり見られません。エキゾチックレザーの醍醐味ですね。

インドネシアの奥地にて。

これは、ガルーシャ(エイ革、スティングレイとも呼ばれます)です。
個人的に一番好きな革です。
「海の宝石」と呼ばれるガルーシャ。
昔は武士の刀の柄や鞘に使われておりました。実際にエイ革の「乾皮」と呼ばれる状態で持つと、本当に滑らないので、大変実用的な素材だったと思われます。また、日本ではそれほど取れない素材であった為、当時から希少性が高く、武士が好むオシャレな素材だったのかも知れません。
頑丈で触り心地も良く、なんといってもポリッシュすると光沢感が最高にかっこいい革です。
日本では知らない人も多いようですが、ヨーロッパなどではよく知られています。フランス人が好きな革で、フランスでは小物はもちろん、家具にも使われておりました。日本では刀や鎧などの武具、剣道の防具(胴)、身近なモノですと、ワサビおろし等にも使われております。
※ワサビおろしには「鮫肌や鮫皮」と記載されておりますが、ほぼ「エイ革」で作られております。昔はエイもサメも「鮫肌」と呼んでおりました。刀の世界でも「鮫皮」と呼んでおりますが、本来は殆どがエイ革なのです。

塩漬けにした後、このように干して乾燥させ、その後、なめしの工程に入り色を染めます。
圧倒的な数があったインドネシアの奥地。私にとって大変重要なポイントとなりました。

最後に、『身震いした革』です。

     
     

『買い付け紀行』 - 誰も知らない日本の歴史

これは、幻と言って良いほどのエイの革です。
先ほどのエイの革は、 ≪アカエイ≫ と呼ばれる種類で、このエイは、アカエイの中でも ≪イバラエイ≫ と呼ばれております。
日本では、梅花皮(カイラギ)と呼びます。
調べると、南北朝時代(14世紀)から刀の柄、鞘に使われておりました。
表面全体がトゲのようになっております。通常のアカエイは背中の中心あたりに突起(スターマーク)がありますが、この革は全てに突起があります。
表面をフラットにカットすると無数の粒が見え、『梅の花のようなに美しい革』、『梅の花の皮』=梅花皮(カイラギ)と昔の人は言ったのだと思われます。
実際には、「梅花皮」は造語で、本来の漢字は「鰄」でカイラギと呼びます。この漢字、「魚」へんに威力の「威」です。この時点で、もの凄いパワーを感じませんか?
さらに、谷本氏が文献などで調べた結果、カイラギはインドのほうに「カイラ」という地名があり、そこから「来た」、というような文献もありました。さらに深く調べますと、「カイ・ラ・来」で、カイ(ハワイ語)は「海」、ラは、太陽神ラーの意味で「太陽」、・・・海と太陽から来たモノ・・・カイラギ。
自然のパワーを感じる、本当に凄い革だとわかりました。
海外では星のように見えることから、スタースティングレイとも言われております。


谷本氏は、この幻の革を探しに世界中を探し回ったこと約2年。
ついに水揚げする工場に出会えました。
東南アジア奥地でしか水揚げされないこの貴重なエイの革。
現地では"、"キング オブ スティングレイ"と呼ばれており、やはり大変貴重で価値ある逸品でした。通常のアカエイが1000匹水揚げされて、その中に1匹いるかいないか、1カ月に1匹獲れるか獲れないかの本当に珍しいエイとなります。
過去、日本では刀の柄や鞘に通常のアカエイの革が使われておりましたが、この梅花皮は当時から珍しい革だったので、刀の≪献上品用≫として使われていたと言われております。
現在、京都国立博物館にあるこの梅花皮を使った刀(南北朝時代・14世紀)が、重要文化財に指定されております。
※許可を得てリンクをさせて頂きました。牡丹造梅花皮鮫鞘腰刀拵を御覧ください。
まさに国宝級の革、と言っても過言ではありません。
他の文献では、「当時は中間以下のモノが腰刀に梅花皮鮫を用いることが禁じられており・・・」とまで記載がありました。普通の人は持ってはいけない素材だったのです。さすが階級社会。

そんな凄過ぎる革を、バハリは入手することに成功しました。
その革を使ったお財布は本当に美しく、優雅さ、パワー、気品さえ感じます。
世界で一番贅沢な革で作った、本当にパワー溢れる美しいお財布です。
クロコダイルよりも、オーストリッチよりも、パイソンよりも価値ある逸品。
持った瞬間、凄まじいオーラに誰もが圧倒されます。

キングの称号を持つ革、海と太陽から来た革、 それが、この『梅花皮』の正体です。この珍しい財布を持った瞬間、誰もがその存在感に圧倒されることでしょう。

その他にもいろいろと面白い革を見つけてきましたが、≪梅花皮≫ に勝るモノはまだ出てきておりません。
今後も出ないと思います。なぜなら、歴史が深すぎるからです。
弊社の独自のルートで、年間数枚は手に入れることができます。
それくらい希少性の高い革です。
※直営店では、江戸時代に作られた梅花皮の刀の鞘をご覧頂けます。谷本氏の私物です。

当店ブランド:BAHARI は『海』の意味する言葉。歴史から見ても、まさにこの革は、『海で最も価値ある最高峰の革』と言っても過言ではありません。

※カイラギの説明に関しては、谷本氏が長年にわたり研究してきた結果ですが、信憑性に欠ける表現もあるかもしれません。その為、直営店では様々な資料や本が御座いますので、ご興味ある方は是非ご来店下さいませ。共に深い歴史を楽しめればと思っております。



LINE@のお知らせ

  • PCからLINE@へ「お友達追加」する場合はこちらのQRコードをご利用下さい。
  • Line@ QRコード
  • スマートフォンご利用のかたはこちらをタップいたしますと、LINEアプリが起動し「お友達追加」画面に移ります。

    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • Linr@アプリ起動